お知らせ

病には治療をする順番があるんです。

2021年5月06日

こんにちは、ぐっさんです。

今日は、表(急性症)の治療と裏(慢性疾患)の治療について話したいと思います。

漢方的な言い方ですと、先表後裏(せんひょうこうり)になります。

今回の話で何が言いたいのかというと、治療を行う順番を意味します。

一般の人は、風邪をひいたら風邪薬を飲むのと一緒で、漢方でも急に症状が出てきた場合は、根本治療(慢性疾患)を後回しにして、急性症の症状に対してアプローチをしていきます。

そのように治療していかないと、基本的に症状が悪化していき治療期間も長くなってしまいます。

今から、漢方や鍼灸の治療をされる方、現在、鍼灸や漢方治療をされている方は、是非、そういった事を含めて、漢方薬店や鍼灸院にご相談されると、早くいい結果が生まれると思います。

考え方の参考になったら幸いです。