婦人科疾患が原因で肩の痛みになっている症例

こんにちは、ぐっさんです。

今日は、左肩の痛みの漢方症例を書きたいと思います。

患者の年齢は、30代女性で、肉体労働系の仕事をして、この仕事をする以前から、生理不順があるとの事でした。

患者自身の発症原因は特に記憶はなく、1ヶ月前から痛み出して、朝起きた時に、特に痛みが強くなるとの事でした。

当院に来る前に、自宅の近くの整体院に通っており、姿勢が原因で肩の痛みが出ていると言われたが、整体をした日は体調はいいが、次の日には、元通りの痛みになっており、本当に良くなっているか非常に疑問だった。

ここで問題になって来る症状として、気になるのが生理不順と朝起きた時に、特に痛くなる症状です。

生理不順(裏証)が1番重要になって来るが、まずは、患者が訴えている左肩の痛み(表証)をよくしていくことが、非常に重要になってきます(先表後裏が漢方の原則)。

朝に特に痛みが強くなるとの事ですので、鑑別しないといけないのが、湿気の影響で症状が出ている場合と、筋肉に熱を持っている場合にこの症状がよく出てきます。(日晡所とは、一般的に昼の3時ぐらい5時ぐらい出る症状のことを言いますが、臨床ではもっと柔軟に考えないといけないので、朝方にでてく症状も同様のものだと考えないといけない。)

生理不順(血虚があることは間違いないが、血が不足している人は、水の巡りが非常に悪くなっているので、当然、天候による変化も非常に受けやすい。)

本人曰く、天候による変化によって朝の肩の痛みが変化があるかと、質問したところそういった変化はないとの事でしたので、湿気に影響が出ているとは考えにくいと考えて、この症状は、往来寒熱によるものだと推測し、柴胡桂枝湯を一週間、服用指導した。

1週間後来院されて、症状を伺ったところ、1服服用しただけで、肩の痛みが劇的になくなり、あの痛みはなんだった思うぐらい症状が変化したとの事でした。

もともと、血虚が原因で症状が出ていることから、4ヶ月ぐらいは最低でも治療が必要であることを説明し、現在は、当建中湯を服用して、非常に体調がいいとの事でした。

古典の考えかたの参考になったら幸いです。

妊婦の風邪の症例

こんにちは、ぐっさんです。

今日は、妊婦の風邪の症例を書きたいと思います。

患者の年齢は、20代女性で現在は妊娠中の体調不良で当院に通われています。

現在、妊娠4ヶ月目になり、普段は当帰芍薬散を服用しており、つわりがきつい時は、乾姜人参丸を服用されています。

今日は朝から頭痛がしんどくてどういった漢方を服用したらいいですか?と連絡があった。この時は発熱はありません。

そこで、柴胡桂枝湯を服用して様子を見ることにしました。

夕方、再度連絡があり、段々と熱が上がってきて、現在は37.5℃あるということでした。中に熱が入ってきていると考えて煎じ薬の小柴胡湯を服用して、産婦人科の主治医に相談するよう促した。

小柴胡湯が功を奏したのか、2回服用しただけで午後8時には36.7まで熱は下がっているとの事でした。

かかりつけ医に相談したのと伺ったところ、電話で問い合わせたところ、電話の時点で37.5度の発熱があるため、発熱外来に相談するように促されたがその時には、熱が下がっているため次の日に行くことにしたとの事でした。

熱が下がって、体調もそこまで悪くないとの事でしたので、仕上げに、柴胡桂枝湯に変更して、明日の朝、体調不良がなけれは、当帰芍薬散に変更するよう伝えた。

次の日の午後8時に電話があり、先ほど、嘔吐してしんどいと連絡があり連絡があった。この時、熱はありません。これは、風邪のぶり返しによる問題だと感げて、「陰陽易差後労復病」の小柴胡湯を服用させました。

朝に連絡がありだいぶ体調は良くなっているとの事でしたので、柴胡桂枝湯に変更して、様子をみています。

東洋医学の考え方の参考になったら幸いです。

ダチョウ抗体で花粉症対策してみませんか?

つわりの症例

こんにちは、ぐっさんです。

今日は、妊娠初期の体調不良とつわりの症例を書きたいと思す。

患者の年齢は、20代女性です。

妊娠する以前は、自分自身の体調管理に通院されています。

妊娠以前は、桂枝茯苓丸と当帰建中湯を服用されていました。

妊娠したことが発覚して、最近吐き気と便通が緩くなって船に酔ったような感覚で体調が悪いとの事でした。

来院時は特に頭痛と吐き気、腹部の締め付けられる痛みがあるとのことでしたので、柴胡桂枝湯を2〜3日服用して少しつわりの症状がましになれば、当帰芍薬散を服用するよう指導してから、鍼灸施術をさせもらいました。

それ以後は、当帰芍薬散を服用してつわりのひどい症状がだいぶ減り、腹部の痛みがほぼ無くなったの事でした。

妊娠初期も後期も妊婦さんは、結構、体のトラブルが多いので、鍼灸や漢方などの東洋医学素晴らしさを知ってもらえると幸いです。

参考になった文献を添付しますので、興味がある方は読んでみてくださいね。

耳鳴りの症例

こんにちは、ぐっさんです。

今日は、耳鳴りの症例を書きたいと思います。

患者の年齢70代後半の女性

更年期過ぎから、右耳を突発性難聴の後遺症でその後耳鳴りずっと続いており、ちょうど1年半前に左耳も突発性難聴になりその後の耳鳴りが中々治らず、突発性難聴で専門の整体院に通ったが全く変化がなかったとの事でした。

基礎疾患として糖尿病、高血圧

その他の症状として、左右の膝の痛み、腰痛

これだけ、時間が経ってから、すぐに症状が変化することは、難しいと説明させていただきました。

今回、更年期付近から症状が悪化していることと、婦人雑病の温経湯の条文の1條前の文章に「腰背下根氣街氣衝急痛膝脛疼烦」「奄忽眩冒狀如厥癫惑有憂慘悲傷多嗔此皆带下非有鬼神」
をもとに、温経湯を服用してもらっていると、夜だけ耳鳴りの症状がましになっているとのことでした。

3ヶ月服用していただいて、最近、耳鳴りの症状に変化がないとの事でしたので、婦人科疾患によることは間違いないが、当帰建中湯などの、当帰剤や、小柴胡湯のような柴胡剤は考えにくい。

そこで考えたのが苓桂剤で、この組み合わせは、衝脈に働くと言われおり婦人科に非常に関連性が高いと言われています。この処方が使われいる漢方は、痰飮欬嗽病、奔豚氣病に記載があります。

今回使用したのが痰飮欬嗽病に記載されている苓桂五味甘湯です。

参考にした全部は写真で添付しますが、特に参考にした文章が「手足痺其面翕然如醉狀因復下流陰股小便難時復冒者」です。

とりあえず1週間、服用してもらったところ、小便が出過ぎて困るから前の漢方がいいと言われましたが、それだけ体が変化しているということは、非常に効果がでているのでさらに1周間服用してもらったところ、今度は、右足の痛みが無くなってきているとの事でした。

更にもう1週間、服用してもらったところ、日中の耳鳴りが格段に減ったとの事でした。

完全に良くなったわけではありませんが、いい結果が出ているみたいでよかったです。

考え方の参考になったら幸いです。
※患者の掲載許可済み

疲労による、右母指の痛み

こんにちは、ぐっさんです。

今日は、年末にスマホを使い過ぎて、右母指のMP関節を痛めた方の症例を書きたいと思います。

患者の年齢は40代男性

普段は、黄耆建中湯を服用していると体調が良い方です。

年末にスマホを使い過ぎて1週間程、黄耆建中湯を服用したが中々良くならないと症状を訴えられた。

通常であれば、使い過ぎによって症状が出た場合は、金匱要略の血痺虚労病(けっぴきょろうびょう)の小建中湯や黄耆建中湯の建中湯類が効果をでるので、治療の考えとしては間違っていないのですが、病には表裏や虚実によって処方や治療法を変えていかないと良くならないケースが殆どです。

そこで、今回参考にしたのが、太陽病中74條になりますが、詳しい内容は、写真で添付しますので、参考にしてみてくださいね。

ここの文章のだと、小建中湯(虚)→小柴胡湯(実)になっています。

すごく簡単な訳だと、急にお腹が痛くなって(裏の問題があった)ので、小建中湯を服用させたが、よくならなかったために、小柴胡湯(表の問題)を使って良くなった。

ここの解釈をもとに、鍼灸では大陵、太白の補法、行間の輸瀉を行い、痛みがほぼ無くなったので、柴胡桂枝湯を3日ほど服用させてから、黄耆建中湯を4日ぐらい服用させたところ、痛みが無くなったとのことでした。

考え方の参考になったら幸いです。

患者からの症例の同意許可済み

年末年始のお知らせ

こんにちは😃ぐっさんです。

年末年始の御案内

12月31日〜1月3日までお休みをいただきます。

年始は1月4日から通常通り行いますので宜しくお願いします。

pms症候群が改善した症例

こんにちは〜ぐっさんです。

今日は生理前の頭痛が漢方で改善した症例を書きたいと思います。

患者の年齢は50代女性です。

当院に来院されたきっかけとして、顔に物がぶっかってから、顔のキズがきになって不安感から食事がとれないことから、この状況を何とかしたいと当院に来院されました。

この症状がでたきっかけとして、ものがぶっかってから、症状がでていることから、奔豚氣病だと確信しました。

奔豚氣病の症状を書きたいと思います。

漢文を読めば、症状がわかりますので、今回は解説はしません。

師曰病奔豚有吐膿有驚怖有火邪此四部病皆驚發得之

使用した漢方が茯苓桂枝甘草大棗湯を使用したところ、服用一周間で生理前になったが、生理前なのに頭痛がしないと喜ばれました。

参考までに苓桂〇〇湯は衝脈に効果のある漢方ですので、婦人科の症状にも効果があります。

非常に面白い症例でした。

gussan-vitamin.com

桂枝茯苓丸について

こんにちは、ぐっさんです。

今日は桂枝茯苓丸について記載したいと思います。

この処方が書かれているところは、金匱要略の婦人妊娠病の第2条です。
婦人宿有癥病経斷未及三月而得漏下不止胎動在臍上者

爲癥痼害妊娠六月動者前三月経水利時胎也下血者斷三

月衃也所以血不止者其癥不去故也當下其癥桂枝茯
苓丸主之

※妊娠中に経水(=生理)について記載してあるのでちょっと文章がわかりにくいですが、そもそもここの条文の経水は順調に胎児が育っていることを意味します

簡単な訳だと、婦人が前から癥病(=子宮にしこりや固まりを持っている人)を持っている方で、生理が止まってから3カ月ぐらいから下血が出始めて、胎動がへそ付近で感じられるものは癥固(=子宮にしこりや固まりがある)が妊娠の邪魔をしていますよ。6ヵ月になって胎動をするものは、3ヶ月前から胎児が順調に育っていることを意味します。逆に6ヶ月目になって下血をするものは、妊娠3ヶ月までは順調であったが、それ以降の衃(=赤黒い血の出血)ですよ。下血が止まらない場合は、子宮に癥(=しこり、固まり)が残っているからですよ。それには、まさに桂枝茯苓丸を使って、癥を下してやれ。

下すと書けば、下剤とかん違えする方もいらっしゃいますが、妊娠中に使える処方なので、どちらかというと出しやすくする処方です。

今回は症例というよりは、古典の解説ですね。

桂枝茯苓丸は打撲やものもらい、生理前の肌荒れなど色んな使い方ができますので、興味がある方は遠慮なく聞いてくださいね。

ツイキャスによる漢方の話し

https://twitcasting.tv/mikiwakabayashi/show/