トップページ  >>  ためになる! よくある質問  >>  背中の痛みと嘔吐の症例

ためになるよくある質問

患者様から寄せられる質問に関して院長のぐっさんがお答えいたします!

画像

ご利用に関しての よくある質問

<< 「ためになる! よくある質問」にもどる

  • 背中の痛みと嘔吐の症例

    2018.12.06

  • 背中の痛みと嘔吐の症例
  • 背中の痛みと嘔吐の症例
  • こんにちは😃ぐっさんです。


    今日は背中の痛みと嘔吐が主訴の方の症例を書きたいと思います。


    患者の年齢は50代女性で痩せ方


    現在の生理の状態は来たり来なかったりするそうです。

    目眩、耳鳴り、動悸があって熟睡できないために睡眠薬を服用されています。

    疲労感が強く、夜になると疲れて、下半身がだるくなるとの事です。


    背中の痛みと嘔吐の症状がきつくなったのは、今年の8月ぐらいからで、食事中は、嘔吐の症状はでないが、仕事をやっているとだんだと嘔する症状がでてくると事です。


    現在漢方専門医に受診しており、そこでは抑肝散加陳皮半夏と小建中湯を服用しているそうです。

    何か辻褄が合わない処方がでているので、患者さんに身体の不調はいつからでてきたんですか?と問いかけたところ、子供を産んでから段々と体調が悪くなってきたとの事です。


    普通に考えれば、金匱要略の婦人産後病の当帰建中湯を考えますが、相当な胃が弱っている事を考えると、呉茱萸(ごしゅゆ)が入ったものがいいのではないかと考え、婦人雑病の8、9條を参考に溫經湯を1週間服用するように指導しました。

    鍼を行った場所は太谿、太衝、に鍼をして三陰交には灸頭鍼を行い、最後に背部置鍼を行なって帰ってもらいました。


    1週間後に、患者さんが来院されて体調を伺ったところ、漢方を服用すると動悸するような感じがつよくなって熟睡できないとおっしゃっていたので、主訴はどうなっいるのかと伺ったところ背中の痛みと吐き気もなくなっているし、目眩や耳鳴りもなくなっているとの事でした。


    たぶんこの寝れないや動悸の原因は、漢方がよく効きすぎてなっている事がわかりましたので、患者さんには半量でするようにオススメしました。


    直ぐに全ての症状は改善しませんが、確実に変化している事がわかって非常に勉強になる症例でした。

    参考になった条文を添付しますので参考にしてみてくださいね。

長年悩み続けた慢性症状でもぜひ山口にご相談下さい。

“花粉症”で悩む方に朗報!
体質改善 & 症状緩和に鍼灸や漢方で
オーダーメイド施術。

腰痛は一生付き合う疾患ではありません!

フェイスリフトアップやダイエット、
ちょっとうれしい!驚きの体験を。

慢性腰痛をなおす!
つらい冷え性!、フェイスリフトアップ!

リラックスして治療に集中いただける
環境をご用意いたしました。

接骨と鍼灸そして漢方まで
トコトン極めたい!3拍子そろった視点。

山口院長の培った知識と経験を
惜しむことなく大公開します!

院長、山口のご紹介。

山口メソッドによる治療を
ぜひご体験ください。ご予約はこちら。

自己治癒力を高めることで「根本治療」を
行う、漢方を用いた治療も紹介。

2Fでは薬店を営業しております。
漢方の特性をぜひ体験ください。

治療についての心配事、ケアの仕方など
なんでもお気軽にご相談いただけます。

おためし鍼灸治療体験できます

2F薬店で漢方の販売も行っています

「薬店」受付時間のご案内

0744-20-1140

12:00
~16:00
12:00
~16:00
12:00
~18:00
12:00
~16:00
12:00
~16:00
 
20:00
~21:00
20:00
~21:00
  20:00
~21:00
20:00
~21:00
14:00
~18:00

●鍼灸院/接骨院の上、2Fが薬店店舗となっております。
●定休日:日曜、祝日は9時~18時まで

0744-20-3715

8:30~
12:00
8:30~
12:00
8:30~
12:00
8:30~
12:00
8:30~
12:00
8:30~
14:00
16:00
~20:00
16:00
~20:00
  16:00
~20:00
16:00
~20:00
 

定休日:日曜日、祝祭日

奈良県橿原市新口町492-3 近鉄橿原線 新ノ口駅より徒歩5分

アクセスマップ

  • ビタミン鍼灸接骨院ブログ
  • ビタミン鍼灸接骨院Facebook