トップページ  >>  漢方治療について

漢方について

漢方は「ぐっさんのしあわせ薬店 2F」 でお買い求めいただけます!

画像

漢方について

漢方とは、東洋医学で用いられる生薬などを選別・調合したもののことをいいます。
西洋薬と違う点は、漢方薬は体が本来もつ自己治癒力を内部から高めることができる点です。
そのため、体にかかる負担が少ないといわれ、
近年では病院のドクターもこの分野を一生懸命研究し、
患者様に対して漢方薬と西洋薬の併用を薦めたりするぐらいです。

漢方は2Fのぐっさん幸せ薬店でご購入いただけます。
ぜひ一度ご相談ください。

女性疾患について

女性疾患と呼ばれる生理痛、月経不順、冷え性、便秘、更年期障害などの症状にたいして、

漢方は非常に役に立ちます。

 

生理痛でしたら、代表的なものとして、当帰建中湯(とうきけんちゅうとう)、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)、小柴胡湯(しょうさいことう)桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)等、 もっとたくさん本来はあるのですが、ここでは一番良く使われているものだけをご紹介いたしました。

 

ドラックストアで良く見受けられる漢方と言えば、当帰芍薬散であったり、桂枝茯苓丸であったりします。

でもどんな時に服用すればいいかは、全くわからないと思います。

 

一概に全てこれとはなかなか言えないのですが、当帰芍薬散に関してならば、生理後に体調が悪くなるかたにおすすめしています。

 

それは何故かというと、赤ちゃんを子宮で養うための血が必要となり、子宮内に溜め込まれます。

そして生理が終わってしまえば、その血液は必要がなくなるのでそのまま体外に出されて、体調が崩れてしまいます。

必要以上に血を消耗しすぎないために、この当帰芍薬散の服用をおすすめしています。

 

一つ気をつけて頂きたいのが、この漢方の服用の仕方です。

この漢方で重要なことは、服用するときに清酒で服用することと、そして便秘があるかたは服用しないことがすごく重要になってきます。

 

ドラックストアなどで販売されている生理痛薬との大きな違いは、身体に与える負担が少ないと言う事が、すごく大きなポイントです。
このような西洋系のお薬はどうしても、その時だけの効果しかなく、
毎回、生理がくれば都度服用しなければならなくなってきます。

 

漢方の場合は、服用を続けることによって、根本的解決につながっていきます。

だんだんと服用しなくてよくなっていくところが漢方の大きなメリットでもあります。

 

本来漢方とは自己治癒力を呼び覚ますのが目的ですので、

体に対して負担が少ないのもその特徴の一つだと思います。

 

また漢方鍼灸治療を併用する方法もあります。漢方で根本治療を行いながら、

鍼灸で現状を楽にする。これが一番手っ取り早い方法だと思います。

生理痛で悩んでいる方にはぜひ一度試していただけたらと思います。

 

当院では、薬店を併設しており、漢方の相談も鍼灸の相談も患者様の状態にあったベストな方法をお応えさせていただいております。


ご安心いただきたいのは、相談に関しては無料で行っているので、ちょっとした悩みなどもぜひご連絡ください。

きっとお役に立てると思っています。

花粉症について

花粉症には漢方による症状の抑制や改善が見込めるのはご存知ですか?

たとえば代表的な3つの漢方をあげてみますね、

・葛根湯/かっこんとう
風邪などで首筋より背中にかけて強ばって動かしにくい方、
発熱してさむけ甚だしく首筋背中などこはばり頭痛する方、口の乾く方、
首筋背等の強ばりがもととなって引きつける方、いずれも汗の出ないのが目的です。
又風邪を引いて寒気してお腹がくだる方、この場合熱は有るもの無いものもあって、
お腹は痛まない人が多い、大便の回数多くして時にしぶりに腹に似たような症状あり。
葛根湯を肩こりに用いる人もあって、鼻の病に鼻つまり濃い鼻水が出る人にも使われます。

葛根湯は鍼灸でいうところの肺虚で太陽経実熱証または陽明経実熱の時に使用します。
急性熱病の初期は、肺経の気の循環、発散が悪いために毛穴の働きが悪いために寒気などをする。
同時に発散されない陽気が太陽経に停滞するために発熱する。

<脈証・腹証>
脈証は浮いて、数、緊だといわれていますが、熱が内攻すると緊脈は消えて大脈または長脈になっている。
六部定位では右の寸口と関上が重按して虚しているはずだが、熱が多いと虚がわからないことがある。

・小青龍湯/しょうせいりゅうとう
熱があって咳がでること劇しく、咳劇しいときは吐き気をして咽頭の乾かない方、
寒気があって汗が出ない方、咳をしてうすき痰や唾を多く吐く方、
全身に水腫あり小便少なくして咳出る方、によく使用されます。
小青龍湯は鍼灸でいうところの腎虚陽虚寒証である。ただし、単に冷えているのとは少し違う。
まず腎の陽気が虚している。そのために胃中に水気が停滞している。
また。胃中に水気があるために陽明経と胃との陰陽の交流が出来ない。
そのために陽明経には熱が停滞して鼻炎症状を現す。

脈証・腹証
脈証は全体に沈んでいるが、骨に張り付いたような沈脈ではない。
いわゆる中脈よりも沈位にある脈である。また細くもない。
重按すると左尺中と右寸口が虚している。


・麻黄杏仁甘石膏湯/まきょうかんせきとう
大した熱が無く汗が出て喘する方、
たいした無いときは発熱が無いと云うことで芯に熱がないと云うのではなく、
喘とはぜいぜいと息に音のあるもの。この漢方は喘息の漢方として応用されるものです。
またこの漢方は風邪の解熱後咳劇しく出て止まない方に用いて効果があります。
ただしそのときに汗が出ていることが重要です。
麻黄杏仁甘石膏湯は鍼灸でいうところの脾虚肺熱証にあたります。
肺経の気が虚しているときに風寒の邪に遭うと、寒気がしてあとに発熱するが、
その熱が肺にまで内攻したときに現れる症状です。
傷寒論によれえば熱病を間違って治療して起こるようにようになっているが、必ずしもそうではない。
肺に熱が内攻すると寝て温まると咳が出るようになる。石膏があるので口渇する。また食欲減退とか冷えはない。

脈証・腹証
脈証は弦でやや数のことがある。重按すると必ず右寸口が有力である。胸の中央に熱間がある。

施術に関して詳しくは「花粉症の方へ 鍼灸&漢方」をご覧ください。

漢方の求めは院2Fの「ぐっさんの幸せ薬店」で

▲ページのトップへ

長年悩み続けた慢性症状でもぜひ山口にご相談下さい。

“花粉症”で悩む方に朗報!
体質改善 & 症状緩和に鍼灸や漢方で
オーダーメイド施術。

腰痛は一生付き合う疾患ではありません!

フェイスリフトアップやダイエット、
ちょっとうれしい!驚きの体験を。

慢性腰痛をなおす!
つらい冷え性!、フェイスリフトアップ!

リラックスして治療に集中いただける
環境をご用意いたしました。

接骨と鍼灸そして漢方まで
トコトン極めたい!3拍子そろった視点。

山口院長の培った知識と経験を
惜しむことなく大公開します!

院長、山口のご紹介。

山口メソッドによる治療を
ぜひご体験ください。ご予約はこちら。

自己治癒力を高めることで「根本治療」を
行う、漢方を用いた治療も紹介。

2Fでは薬店を営業しております。
漢方の特性をぜひ体験ください。

治療についての心配事、ケアの仕方など
なんでもお気軽にご相談いただけます。

おためし鍼灸治療体験できます

2F薬店で漢方の販売も行っています

「薬店」受付時間のご案内

0744-20-1140

12:00
~16:00
12:00
~16:00
12:00
~18:00
12:00
~16:00
12:00
~16:00
 
20:00
~21:00
20:00
~21:00
  20:00
~21:00
20:00
~21:00
14:00
~18:00

●鍼灸院/接骨院の上、2Fが薬店店舗となっております。
●定休日:日曜、祝日は9時~18時まで

0744-20-3715

8:30~
12:00
8:30~
12:00
8:30~
12:00
8:30~
12:00
8:30~
12:00
8:30~
14:00
16:00
~20:00
16:00
~20:00
  16:00
~20:00
16:00
~20:00
 

定休日:日曜日、祝祭日

奈良県橿原市新口町492-3 近鉄橿原線 新ノ口駅より徒歩5分

アクセスマップ

  • ビタミン鍼灸接骨院ブログ
  • ビタミン鍼灸接骨院Facebook